医者

更年期障害を改善|女性の悩みを解決探偵団!

改善する

悩み

人は睡眠をすることで、脳や体の疲れなどをリセットさせてくれて、一日を快適に過ごすことができます。翌日起きた際に、口が渇いている、疲労感があるといった様々なことがあります。こういった症状がある方は、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が止まる病気です。呼吸が止まってしまうことで、体内の酸素が減少してしまいます。また、不足した酸素を補おうと、心拍数が上がってしまい体や脳に負担をかけてしまうのです。この状態が続いてしまうと、集中力の低下や強い倦怠感の症状を起こしてしまい、日常生活に支障を与えてしまうのです。睡眠時無呼吸症候群は、病院で治療してもらうことができ、快適な睡眠ができます。

睡眠時無呼吸症候群を発症した際は、病院で治療を受けられます。治療することで、体をゆっくり休ませることができますよね。放置せずに、診察を受けてみましょう。病院で受けられる治療は、専門の医師と相談し症状に合った最適な治療を進めることができます。また、病院で自分に合った治療を受けることも重要ですが、生活習慣を改善することも大切です。睡眠時無呼吸症候群を発症してしまう患者さんは、肥満気味の方が多いといえます。首周りに脂肪が付いてしまうことで、気道を狭くしてしまい、口呼吸になってしまいます。体重を減量することで、首に付いあた脂肪を減らすことができます。さらに、無呼吸状態の睡眠が無くなり、睡眠時無呼吸症候群改善に繋げられます。