医者

更年期障害を改善|女性の悩みを解決探偵団!

原因を調べる

女性

日本人はがんで亡くなる方が多いといわれており、4人に1人のペースでがんを発症しやすいです。がんは、胆のうがん、肺がんなどの様々な種類のがんがあります。その一つの直腸がんといった病気があります。がんの中でも直腸がんは第三位に入るくらい死亡率が高いといわれています。ですが、この直腸がんは早期発見できれば確実に治すことができる病気になります。直腸がんを発症してしまう原因としては、たばこや過度の飲酒、食生活の欧米化などの多くのことが考えられます。全体的に見てみると、生活習慣の乱れから発症してしまうのです。さらに、直腸がんを発症してしまうと症状があります。血便や下痢と便秘の繰り返し、お腹の張り、体重減少などの症状あげられます。便に関する症状が多く、毎日状況を把握していれば早く気付くことができますよね。また、血便の頻度が高くなりますが、痔だと勘違いしてしまうことがあります。痔だと勘違いしてしまうと、放置してしまい気付くのが遅くなってしまいます。血便がある際には、病院で診察を受けましょう。

直腸がんと医師に診断されれば、病院で治療ができます。直腸がんを改善するには、抗がん剤、手術で治療を受けられます。その治療方法の一つとして、放射線治療があります。放射線治療は、体内にあるがん細胞を破壊し、進行や症状を抑えてくれる効果があるのです。放射線治療を受けることで、副作用のリスクもあります。直腸がんを改善できる放射線治療を受ける際は、家族や医師としっかり話合いましょう。